下野市は、栃木県の中南部、宇都宮市の隣にあるコンパクトな街です。
JR宇都宮線石橋駅・自治医大駅・小金井駅の3つの駅、国道4号、新4号国道、国道352号、北関東自動車道などの交通の便が非常に良く、都心へもアクセスしやすいエリアです。JR宇都宮線の自治医大駅を中心にニュータウンによる新市街地が拡がり住環境も整備されているので、首都圏だけでなく栃木県内でもベッドタウンとして人気のエリアとなっています。医療機関や育児支援、地域イベントやスポーツ施設なども充実しており、子育てに適した環境です。

下野市のおすすめポイント

smp_下野市のおすすめポイント

育児支援が充実で子育てに最適!

写真

「子供達が笑顔で心豊かに育つ安心子育てのまちづくり」として、市をあげて子育て環境の整備をしている下野市。
下野市内には、児童館が5か所、子育て支援センターが3か所あり、子育てをサポートする施設がたくさんあります。
さらに、子どもの習い事や保育園・幼稚園・学童への送迎・預かりなどのサービスをしてくれる「ファミリー・サポート・センター」や、一時預かりの保育サービス券として「ママパパリフレッシュ利用券」の発行など、共働きでの子育て世代の家族に嬉しい支援が充実しています。
高校生(18歳)まで医療費無料や児童一人ひとりの良いところを見つけて表彰する「児童表彰」など様々な面でサポートしてくれるので、安心して子どもを産み育てるとともに、子ども自身が安心して健やかに育っていける最適の環境です。

医療や福祉が充実!

写真

自治医科大学付属病院をはじめとして、多くの病院やクリニックが立ち並ぶ様子から「医療通り」と呼ばれるほど病院が充実している下野市。
人口1人あたりの医師の数はなんと全国1位(※全国801市区サステナブル都市調査/平成23年日本経済新聞社)で、医療体制の充実度は全国トップクラスです。
医療福祉に手厚いため、いつでも医療を受けられる安心感があります。
産婦人科医や小児科医も多く、安心して子育てができる環境が整っています。
また、高齢者への福祉サービスも充実しているので、子育てを終えてゆっくり老後を過ごすのにも最適な環境です。

下野市のおすすめ物件

smp_下野市のおすすめ物件